宮崎謙介議員の結婚記念日はいつ?別の女性とも結婚の約束?

スポンサーリンク

 

育休議員こと宮崎謙介の不倫釈明会見がいろいろ波紋を呼んでいますが、一番気になったのは、会見で出てきたキーワード「結婚記念日」。週刊文春の記者の質問で出てきた言葉です。

この宮崎謙介氏に質問された「結婚記念日」の意味とは?結婚記念日はいつなのか?考察していきたいと思います。事実がわかったので、更新します。

「結婚記念日」に関する質問とは?

育休議員の宮崎謙介は他にも不倫してた?会見で発覚した別の相手とは?

気になったのが、釈明会見での週刊文春の質問で「結婚記念日」というワードがいきなり出てきたこと。これには、みな「どういう意味だろう?」と首をかしげたことだろうと思います。

 

―他にも不倫相手がいたのでは。

「その他の女性のことでございますが、これまで、私も35年間生きてきた中で、本当に恥ずかしい限りですが、いろんな方々を傷付けてきたということはあったと思います。そういった皆様にもお詫びを申し上げます」

―いや、結婚後にそうような方が別にいたかどうかということだが。あと、奥さんとの結婚記念日はいつか。

「女性というところであれば、否定は出来ないところです。申し訳ございません。結婚記念日については…我々2人の大切な思い出ですので、プライベートということで理解いただけたらと思います」

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000115-sph-soci

きっと、宮崎議員が一番わかっているだろう「結婚記念日」というキーワード。

文春が質問したということは、どう考えても、この日に何かが起こったと言うことを、示していることがわかりますね。

 

「結婚記念日」とはいつ?

スポンサーリンク



宮崎謙介議員の永田町のチャラ男伝説とは?とうとう離婚か?

では、はたして2人の結婚記念日はいつなのでしょうか?

「お互いに選挙区を預かる立場であり、まずは小選挙区で二度目の選挙を勝ち抜くことを第一に考えてまいりました。そして昨年末の総選挙をお陰様で当選させて頂き、また春の統一地方選挙を終えた段階でこの度、結婚のご報告をさせて頂くことといたしました」

と説明している。衆院選、春の統一地方選(後半)の投開票日は、それぞれ14年12月14日と15年4月26日。「結婚記念日」は、この4か月半の間にあることになる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000006-jct-soci

この記事にもある通り、結婚記念日は特に公表されていませんが、結婚記念日となる入籍日14年12月14日~15年4月26日の間になります。この長い期間の日を特定するのは難しいとこですね。

この期間の後半だとすると、文春の意味する結婚記念日は結婚1周年ですが、もし前半だったら入籍日当日になります。もちろん1周年に何かが起こったとしても十分罪ですが、入籍日当日だとしたら、これはかなりの重罪ですね。

ちなみに、披露宴は安倍首相も参加するなどかなり派手な形で2015年12月23日に行われました。

「結婚記念日」の意味とは?別の女性とも結婚の約束?

育休議員の宮崎謙介の不倫釈明会見の反応や感想は?坊主にすべきだった?

結婚記念日の意味がわかりました!現在の奥様金子議員と結婚していた同時期に結婚を約束した女性がいたことが週刊文春の報道でわかりました。

その女性(B子さんとします)と宮崎議員が出会ったのは2011年。「結婚しよう」なとど言われていたB子さんは、ちょうどそのころ政界入りを目指し選挙活動を行っていた宮崎議員を支えるために、仕事を辞めたそうです。そして、政界入りした後、金子議員と宮崎議員は付き合うことに。

2人が付き合っているという噂を聞いたB子さんは、宮崎議員にそのことを問いただします。しかし宮崎議員は、「(俺のことを)信じて、胸に飛び込んできてくれ」というようなことを言ったそうです。その日が2014年2月14日。その後B子さんは宮崎議員と連絡が取れなくなったそうです。なのでもし2014年2月14日に既に結婚していたならば、結婚しいるのにもかかわらず、他の女性にも結婚をほのめかしていたことになります。

文春が結婚記念日を会見で聞いたの本位はそこだったんですね。結婚記念日より後にB子さんに嘘をついて「胸に飛び込んできてくれ」なんて言っていたら、非常に問題だと思いました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す