いつ恋第8話のあらすじと感想!キリンは20分しか寝ないのは本当?

スポンサーリンク

 

今度、果たして音(有村架純)と練(高良健吾)が結ばれるのか?朝陽(西島隆弘)はなんとなくリアクションが想像できますが、気になるのは木穂子(高畑充希)。

二人が付き合う事が分かったらどう思うのでしょうね。それでは「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」8話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう第8話のあらすじとは?

 いつ恋第8話の坂口健太郎こと晴太の名言に視聴者キュン!小夏への告白

5年ぶりに引っ越し屋に戻った練(高良健吾)。音(有村架純)とも、バスで会ったり、静恵(八千草薫)の家で会ったりなど昔のように戻っていた。

練は昔のように、音を遊びに誘うが、音は今は朝陽(西島隆弘)と付き合っていて、プロポーズされている事を伝える。口ではおめでとうと言っている練だが、ショックは隠せない。

その頃、練がお金を出しているにもかかわらず、本気でデザイナーを目指そうとしていない小夏(森川葵)に晴太(坂口健太郎)が、我慢できず一喝してしまう。小夏が、東京にいたいのは、デザイナーを目指すわけではなく、ただ練が好きなためだった。

音は、朝陽の父である征二郎(小日向文男)との会食に、来ていた。大卒など征二郎に音の経歴を嘘つく朝陽。しかし、征二郎には全てお見通しで、朝陽が席を外したすきに、音から真実を全て聞きだす。

両親ともいなくて、大学には行ってなく、ずっと苦労して育ったことを知った征二郎は、結婚に反対するかと思いきや、意外にも結婚を認めたのだった。

しかし、練のこともあり、結婚に踏み切れない音は、朝陽と連絡を絶ってしまう。慌てる朝陽は、静恵の家にも行くが、そこには練しかおらず音の姿はなかった。そして、朝陽はつい練に「あなたが帰ってくるまでは順調だったのに…」とこぼしてしまうのでした。

音が心配な練も、音を探すと、勤務先の老人ホームから出てくるところで出くわした。そして練は、音に「結婚おめでとうと言ったが、本当に幸せなんですか?」と問う。

家まで付いてきた練を音は、家にあげる。そこで、練は正直に「ずっと音の事を考えていました。」と告げる。それを聞いた音も「ずっと練の事を考えていた」と素直に言い、練も「好きです」と告白したのだった。

音が返事をしようとしたその瞬間、朝陽がやってきたのだった。

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう第8話の感想とは?

スポンサーリンク



いつ恋第8話は練と音の告白からの朝陽乱入の修羅場?視聴者驚愕!

引っ越し屋の社長も、給料を天引きしていたのかと思いきや、本当に貯めておいてくれていたり、佐引(高橋一生)も始めの頃に比べると、凄い良い奴になっていたり、みんな『良い人化』が進んでいますよね。

良い人に越したことはないのですが、ちょっと物足りなく思ってしまうのは、性格が歪んでいるのでしょうか。

今回は、小夏にビシッと言った晴太に共感してしまいました。自分の友人の事が好きな女の子を好きになっちゃうのは切ないですよね。しかも、5年間ずっと片思いってことですから、晴太はホント辛抱強いです。

朝陽も素直に引きそうもないですし、次話は荒れそうです。

 

キリンは本当に20分しか寝ないの?

 いつ恋で坂口健太郎こと晴太は本当に小夏が好きなのか?真実のネタバレ

ドラマの始めのほうに、音と練がバスで会話していた話題。「キリンは本当に20分しか寝ない」という話。あれは真実なのでしょうか?

これは半分正解で、半分不正解みたいです。

サバンナに住んでいる野生のキリンは、外部からの敵に構えるため、本当に20分しか寝ていなく、しかも立ったまま寝るとか。

しかし、動物園のキリンは、敵に襲われることもないので、もっとたくさん寝ていて、しかも横になって寝るそうです。

人間もそうですが、キリンも環境に適応していくのですね。

スポンサーリンク

コメントを残す